やまびこアンテナ

ポジティブ!熱血!論評所♪(σ≧∀≦)σ

成功者だけが味わえる歓喜とは?サッカー日本代表がスペインに勝利して感じたこと

どうも!やまびこです♪

 

今回は、『成功者だけが味わえる歓喜とは?サッカー日本代表がスペインに勝利して感じたこと』というタイトルで書きます♪

 

1.サッカー日本代表がスペインに勝利して感じたこと

世の中は、番狂わせが起きる。

それを新たに証明したのが、今回のサッカー・ワールドカップ2022の日本代表だと思います。

死の組と言われたEグループにおいて、日本がドイツとスペインに勝利して決勝リーグへ1位通過するなど、誰が予想したでしょうか!

もし予想していたとしても、それはごく少数であったに違いありません!

 

ドイツ戦に勝った後に行われたコスタリカ戦。

日本代表が負けた際、僕は日本はスペインには勝てないと思っていたため、今年の日本のワールドカップは終わったと思いました。

スペイン戦は良くて引き分け。ドイツ戦のような奇跡は起こらない。

そんな風に思ったのです。

 

僕と一緒にコスタリカ戦を見ていた友人の高橋幸治くんは、「スペインが日本を侮っていてくれれば、あるいは勝てるかも」と話していましたが、僕はドイツを逆転で破った日本代表をスペインが侮るはずがないと思っていました。

しかし、心のどこかに「あわよくば日本は勝つかもしれない」という期待はありました。

 

「スペインが日本を侮っていたのかどうか」に関しては分かりません。

しかし、結果的に日本代表はスペインに勝利しました。

スペイン戦があった日の朝、日本がスペインに勝ったことを知った際、驚きとともに大きな喜びを感じたことは、今後一生忘れないと思います。

 

2.勝利した者だけが感じる「歓喜」は、想像を絶するものがあるはず!

日本代表がスペインに勝利したことは、僕にとって非常に感動する出来事でした。

しかし、心のどこかの客観的な部分が「そういうお前はどうなんだ?」と自分自身に問いかけるのです。

 

今回の勝利、一番感動しているのはプレイヤーである日本代表だと思います。

日本だけでなく世界をも歓喜の渦で巻き込むほどの勝利を掴み取った当人たちの歓喜は、想像を絶するものがあるに違いありません。

 

そしてその歓喜は、日本代表に対しての数々の批判、血のにじむような努力と引き換えに、彼らが手にした結果なのです。

 

「では、数多くの批判と血のにじむような努力の末に手に入る、想像を絶するほどの歓喜を味わってみたくないか?」

僕にとって、その問いに対する答えは「YES」なのです。

 

3.成功者が感じている歓喜を味わうと、病みつきになる!

僕の周りで「何かを達成したときの歓喜」を味わっているのは、僕の友人で経営者の向山雄治さんだと思います。

向山さんは小学校時代に空手の型で全国ベスト16を達成し、高校時代は空手でインターハイへ出場、大学時代は社交ダンスで全九州優勝を果たした人です。

さらに現在では、法人2社を経営し、常に右肩上がりの業績を上げている創業者社長なのです。

そんな中、向山さんは常に人のことを想い、努力をし続けています。

僕は、向山さんと出会ってからずっと「なぜそんなに努力をするのだろうか」という疑問が常にあります。

 

しかし、今回の日本代表の勝利を分析して感じたのは、「多くの人を感動させるほどの努力の末に手に入る歓喜を味わっているのであれば、それは病みつきになるだろう」と感じました。

 

向山さんは常々、達成したときの喜びを想像して行動していると話しています。

ただ、僕はそれほど多くの達成経験があるわけではないため、そのイメージが不足しています。

おそらく今もそうでしょう。

 

それでも、今回の日本代表の勝利を見て、「その歓喜」が想像を絶するものであることは分かりました。

というのも、日本代表の勝利の後、僕はいくつもの日本代表勝利の記事を読むという行動に移したからです。

「感動する」とは、自然に体が動いてしまうことを言うのです!

もしそれが感動を引き起こした当事者であれば、圧倒的なほどの行動をするに違いないと思います。

 

僕自身は、まず「批判と努力の末に手に入る歓喜を味わってみたい」という前提で行動することが大切なのだと思います。

 

4.さいごに

今回は、サッカー日本代表がスペインに勝利したことで感じたことを書きました。

現実においても物語においても、人を感動させるには努力が必要だと思います。そして、感動や歓喜を引き起こす事象が起きた時、一番それを感じているのは、それを引き起こした当事者だと思います。

僕は、物事で成功したいのであれば、その当事者になるかどうかが一番大切なのではないかと思います。

僕自身は、自分自身の成功を願っています。

そうなのであれば、まず僕自身が批判や努力をした上で成功することを望むのが最も大切なのだと思います。

【超オススメ!】すべての面が圧倒的に優れているダークファンタジーの傑作!『天使禁猟区』

どうも!やまびこです♪

 

今日は、天使禁猟区を紹介します♪

愛蔵版 天使禁猟区 1 (花とゆめコミックススペシャル) | 由貴 香織里 |本 | 通販 | Amazon

(出典:https://www.amazon.co.jp/

 

1.『天使禁猟区』とは?

この作品は、1994年~2000年の間で「花とゆめ」にて連載されていたファンタジー漫画です!

由貴香織里先生の圧倒的な画力と、重いダークファンタジーの要素が見事にマッチした重厚なストーリーで、実の兄妹による恋愛と独自の世界観により、先が全く読めない展開となっている作品です!

 

現在、新装版の『天使禁猟区』が発売さられており、22年ぶりの新作『天使禁猟区 東京クロノス』が連載されるなど、静かに盛り上がりを見せている作品でもあります♪

 

2.『天使禁猟区』の魅力!

この作品の魅力は、「総合力」としか言えないほど、すべてが素晴らしい点です。

圧倒的な美しい画力、先が読めない重厚なストーリー、魅力あふれるキャラクター、作り込まれた深い世界観。

どれをとっても一級品で、とにかくすべてが素晴らしいとしか言いようがないほどに優れた作品です!!

 

特に好きだったのは、座天使長ザフィケルとお付きの士官候補生ラジエル君のコンビ!

四大天使のミカエルとラファエルのコンビも大好きです♪

 

そして、旧約聖書新約聖書を読み込み、作者独自の設定を詰め込んだ世界観は、専門用語満載で「すごさ」を感じさせます!

この作品がきっかけで、僕は天使の階級をすべて覚えたり、聖書における「天使」がどういった役割や立ち位置なのかを勉強してしまうほどに夢中になりました。

 

古き良き「花とゆめ」作品。それが、『天使禁猟区』なのだと思います!

 

3.さいごに

天使禁猟区』は、総合力に優れたダークファンタジー作品です!

もう、とにかくすべてが素晴らしい!!

画力、ストーリー、キャラクター、世界観!そのすべてが作り込まれ、練り込まれ、最高の作品に仕上がっていると思います!

ぜひとも、オススメしたい漫画作品です!!

【激推し!】10年の時を経て復活した、「スローライフ系作品」の原典!『攻撃魔術の使えない魔術師』

どうも!やまびこです♪

 

今日は、『攻撃魔術の使えない魔術師』を紹介します♪

攻撃魔術の使えない魔術師 ~異世界転性しました。新しい人生は楽しく生きます~1 (MFブックス) | 絹野帽子, キャナリーヌ |本 | 通販 |  Amazon

(出典:https://www.amazon.co.jp/

 

1.『攻撃魔術の使えない魔術師』とは?

この作品は、小説家になろうで連載されている小説作品です!

とても歴史のある作品で、もともと小説家になろう黎明期の2010年から連載がされていて、一度書籍化されています。

しかし、出版社との折り合いがつかず、Web版の更新もストップ!!

僕自身とても好きな作品だったため、非常に悲しんだことを覚えています。

 

しかし、この記事を書くにあたって久しぶりに調べてみたところ、なんと10年の時を経て2021年から復活し、2022年10月には出版社を変えて再度の書籍化がなされていました!!

まだもともと進んでいたところまで話は到達していませんが、とても嬉しい思いです!!

 

ストーリー構成は、今の一般的な「スローライフ系のなろう作品」ですが、初出が2010年であることを考えると「これが本家」なのだと思います♪

おそらくですが、この作品が後の小説家になろう作品へ与えた衝撃は大きく、一つの系統として確立される原典となった作品だと思います♪

 

2.『攻撃魔術の使えない魔術師』の魅力!

この作品の魅力は2点あります!

一つ目は、「スローライフ系のなろう作品」の原典となったストーリー構成です!

基本的にほのぼのとした空気の中で、転生者の主人公がいろいろな技術革新を起こしていくというタイプのストーリー展開は、現在でも多数使われている手法です。

今でこそ、王道であるあるの展開ですが、その原典となると、気になりませんか?

まさしくの展開ですが、それが面白いのです!

 

二つ目は、主人公の過去がしっかりと作られているという点です。

主人公の過去が掘り下げて描いていることで、主人公の行動に正当性が生まれ、より感情移入がしやすい構成となっているのです!

そして、それが感動を生むという展開となっているので、非常に面白い作品だと思います♪

 

3.さいごに

『攻撃魔術の使えない魔術師』は、「スローライフ系のなろう作品」の原典となった小説です!

2022年に再度の書籍化を果たし、今後の展開に注目したい作品です!

ぜひとも、ぜひともがんばってほしい!!

10年経って続きが読める!そのことに喜びを感じている読者は、数多くいるはずです♪

とにかく非常に良い作品なので、ぜひとも読んでほしいと思います♪

僕が毎日プロテインを飲むようになったきっかけ

どうも!やまびこです♪

 

今日は、『僕が毎日プロテインを飲むようになったきっかけ』というタイトルで書きます♪

 

1.毎日プロテインを摂るようになったきっかけ

最近、プロテインをしっかりと摂ることにこだわっています。

朝、昼、そして可能であれば夜にプロテインを意識して飲むようにしているのです。

そう思い立ったきっかけは、先日友人たちと行ったフットサルです!

フットサルを思いっきりやったその日の夜、寝る前にソイプロテインを飲んでから眠りにつきました。

いろいろと調べてみたところ、「体へゆっくりと吸収されるソイプロテインは、眠る前に飲むと、そのプロテインを使って体を修復する」という記事を見つけたからです。

 

果たして、その効果があったのか、なかったのか。

もしかすると、筋肉痛になるほどの運動ではなかった可能性もあり、実際に関係性があるかどうか分かりませんが、結果的に僕は筋肉痛にはならずに済みました。

 

そういったことから、体を作る上でプロテインの摂取は必要だと感じたのです。

 

そうしてプロテインを摂るようになって数日、体に大きな変化はまだありません。

しかし、こうして元気に活動ができていることが、健康投資の最大の恩恵なのだと思います。

 

2.プロテインに対するこだわり

一言で「プロテイン」と書いていますが、プロテインには大きく分けて大豆由来の「ソイプロテイン」と、牛乳由来の「ホエイプロテイン」に分けられます。

ソイプロテイン」は体にゆっくりと吸収される性質があり、「ホエイプロテイン」は体に急速に吸収されるという性質があります。

 

そして、僕が使っているプロテインは「ソイプロテイン」です!

これから僕の体を作っていく元となるのだと考えると、「ソイプロテイン」が良いという結論に至ったのです!

特に僕が愛用しているのが、セレクトショップWaltzで購入したソイプロテインです!

オーガニック & ビーガン & グルテンフリー & 人工甘味料、着色料、保存料不使用という、素晴らしいプロテインで、味も非常に美味しいプロテインです!

特に、人工甘味料、着色料、保存料不使用というのがポイントで、この3つが入っているプロテインは意外と多いのです!

僕にとってプロテインは健康に気を使って飲むもので、毎日定期的に飲むものだと考えると、細部にまでこだわったプロテインを飲むのが良いと結論づけました♪

 

とはいえ、プロテインを飲みすぎるのはNGだと考え、適量をしっかり飲むようにします♪

 

3.さいごに

今日は、僕が最近こだわっているプロテインを飲むことについて書きました♪

先日僕が経験をした、「激しい運動をしたあとに筋肉痛がこなかった」というのは、筋肉痛が来るほどの運動ではなかったという可能性も高いため、その後に飲んだプロテインとの関係性は不明です。

それでも、体を作る元となるプロテインは体にとって大切なものだと思います。

今後も、しっかりとプロテインを飲んで、体調管理をしていきます♪

 

Web版にはないエピローグが秀逸!積極的な主人公が異世界を旅する作品『チート薬師の異世界旅』

どうも!やまびこです♪

 

今日は、『チート薬師の異世界旅』を紹介します♪

チート薬師の異世界旅 6 (ヒーロー文庫) | 赤雪 トナ, 上田 夢人 |本 | 通販 | Amazon

(出典:https://www.amazon.co.jp/

 

1.『チート薬師の異世界旅』とは?

この作品は、小説家になろうでかつて連載されており、完結した作品です!

書籍化もされており、作者は赤雪トナ先生という小説家になろう初期を彩る有名な小説家さんです。

書籍版も全6巻で完結しており、完結して8年が経とうとしている現在も未だにブックオフで見かける小説です!

 

2.『チート薬師の異世界旅』の魅力!

この作品の魅力は、ヒロインのセリエにぞっこんな主人公・裕次郎の明るい性格と、ライトな雰囲気で読める物語展開です!

つまり、最近の小説家になろう作品でありがちな「カッコいい主人公を好きになるヒロイン」ではなく、「とにかく積極的な主人公がヒロインを口説き落とす」タイプの作品なのです!

主人公の裕次郎は、ことあるごとにカラッとサラッと何度も口説くので、一貫性があってむしろ心地よい感じがします。

 

また、Web版ですべてのストーリーを読むことができる作品ですが、オススメしたいのはWeb版にはないエピローグです!

このエピローグが非常に好きなので、ぜひとも読んでみてほしい作品です!

 

3.さいごに

『チート薬師の異世界旅』は、主人公がヒロインを口説き落とすタイプの明るい異世界ファンタジーです!

個人的には、Web版にはないエピローグが大好きなので、ぜひとも読んでほしい作品です!

気になった方は、ぜひとも読んでほしいです!

 

 

『チート薬師の異世界旅』

https://ncode.syosetu.com/n1611bg/

読んでいて爽快感を感じる少女のサッカー成功譚!『サッカー少女と笑顔の挑戦記』

どうも!やまびこです♪

 

今日は、『サッカー少女と笑顔の挑戦記』を紹介します♪

1.『サッカー少女と笑顔の挑戦記』とは?

この作品は、小説家になろうで連載されている小説作品です。

書籍化はされておらず、2022年11月の段階では1年近く更新がありません。

それでも、読んでいて爽快感を感じる素敵な作品です!

そのため、僕自身はかなり好きな小説です!!

 

2.『サッカー少女と笑顔の挑戦記』の魅力!

この作品の魅力は、主人公紅葉がとにかくサッカーが上手くて強いこと、そして性格がいいことにあります!

いわゆる、主人公最強系の面白さですが、キャプテン翼のような超常的な能力が出てくるわけではなく、一般的なサッカーの範囲でとにかく強い選手という立ち位置です。

 

物語の掘り下げが少なく、一気に時間経過が進むなど「もっとじっくり見てみたかった!」と思うシーンも多いのですが、そういった点を差し引いても面白い作品だと思います。

 

また、男性のプロサッカー選手が女性に生まれ変わるというのも面白いポイントです!

女性のサッカーというマイナーなジャンルの掘り下げもあり、男性のサッカーと女性のサッカーの違いを感じることができる作品となっています!

 

3.さいごに

『サッカー少女と笑顔の挑戦記』は、女性のサッカーを描いた作品で、転生モノと主人公最強モノの要素をもった作品です!

更新は止まっていますが、個人的に好きな作品なので、ぜひとも完結まで描いてほしいと思っている作品の一つです!

気になった方は、ぜひ読んでみてほしいです♪

 

『サッカー少女と笑顔の挑戦記』

https://ncode.syosetu.com/n4929dp/

徐々に強くなっていく主人公エルがかっこいい!『Labyrinth of the abyss ~神々の迷宮~』

どうも!やまびこです♪

 

今日は、『Labyrinth of the abyss ~神々の迷宮~』を紹介します♪

 

1.『Labyrinth of the abyss ~神々の迷宮~』とは?

この作品は、小説家になろうで読むことができる小説です!

更新が停止して久しく、2022年11月の段階では5年以上も更新されていない作品です。

書籍化もしておらず、更新が停止している以上、今後の展開も見込めない作品ではありますが、僕自身かなり好きな小説です!

 

2.『Labyrinth of the abyss ~神々の迷宮~』の魅力

この作品の魅力は、迷宮都市アドリウムへ冒険者になるためにやってきた主人公エルがどんどん強くなっていくという、成長物語が魅力です!

文章は淡々としていて、序盤のストーリー展開も主人公のエルが徐々に強くなっていくという流れのため、山あり谷ありの展開が好きな方は退屈に感じるかもしれません。

 

しかし、後半になっていくと、どんどん強くなるエルのかっこよさが徐々に出てきます♪

特に、好きな女の子のために戦う主人公というのはいい!!!

 

そんな展開が好きな方には特にオススメしたい小説です♪

 

3.さいごに

『Labyrinth of the abyss ~神々の迷宮~』は、小説家になろうで連載されていた小説作品です!

この作品の魅力は、徐々に強くなっていく主人公エルが、好きな女の子のために戦うというシーンです!

自身の能力が不足していることを理解しながら敵と戦うさまは最高です!

 

気になった方は、ぜひ読んでみてください♪